ワクワクできるポータルポイントサイト!!

logo

睡眠について考えよう!

2021-04-05 07:45:29

睡眠について、貴方はどのような考えをお持ちでしょうか?

ついつい、好きな動画やテレビを見て夜更かしをしてしまう。今寝たら時間がもったいないからもう少し起きていよう。

そういうお考えの方もいるかもしれません。
実際私も寝る暇があったらやりたいことをやる!と以前は徹夜明けで仕事に向かったこともありました。

ただ睡眠というのは、より良い人生にしていくには絶対的に欠かせないものです。

とある本の著者曰く、眠りの世界を迂回しては、最高の自分になることは絶対できないという主張をしております。

このコラムでは、睡眠の質を上げるためのメソッドを記載させていただければと思います。

睡眠時間が勿体無いという考えが、いかに充実した人生に対して真逆のことをしているか、気付くきっかけになれば幸いです。

今回のお話は大きく分けて3点です。

1.睡眠のメリット
2.睡眠不足によるデメリット
3.睡眠の質を上げるには

1.睡眠のメリット
人間の身体は非常に良く出来ていて、睡眠を利用してありとあらゆる機能を向上させることができます。

眠ることで身体が再生され、若さを保てます。一部具体例として免疫力強化、筋肉や臓器の修復、身体のエネルギー増加、脳の働きを改善します。

筆者の表現として、コンセントから充電しなくても、身体が必要とする睡眠を取れば、再び我々は元気になる、という主張をしております。

毎日の活動には睡眠は不可欠という事ですね。

人生100年自体と言われる現代、どうせ生きるなら健康で若々しく生きたいものですよね。

2.睡眠不足によるデメリット
単純に言えば、脳が馬鹿になるということです。睡眠不足だと普段ならしない仕事のミスや、普段ならしないまずい判断をしてしまいます。
例えば、甘い食べ物を控えていたはずなのに、気付いたら食べていた、、自分のバカ、、なんて事ありませんか?

そういったことも、活動が鈍っている脳からの信号だと気付かずに、私たちは自分自身を責めてしまっています。
睡眠不足は自動的に自分を不利な状況へ導いてしまうので、仕方がないのです!
睡眠不足の自分は、本当の自分じゃありません!

脳が働かない理由の一部として、脳内のゴミが除去されない事が挙げられます。
脳内の老廃物を除去する行為は睡眠時に活性化します。

私たちが起きている間、脳は様々な活動をして、それに伴い老廃物が溜まります。
当然これを除去しないと脳が働かなくなるのはイメージしやすいですよね?

3.睡眠の質を上げるには
世間では色んなことが言われていると思いますが、自分に合う物をチョイスすることが非常に大切です!

自分は凄く抵抗を感じるけれど、身体にいいなら無理してでもやる、
その考え方ほどストレスを抱えて逆効果になるというのは明白ですよね!

今回は一部ご紹介させて頂きますが、他にも色々とあるので、
是非ご自身で調べる意識を持って頂ければと思います。

■入浴する!
ご存知の方もいるかもしれませんが、
寝る1時間半~2時間前にお風呂に入る、という方法です。

良質な睡眠を取るには、深部体温を下げる必要があります。
お風呂に入ることで一度体温が上がり、
その分、時間の経過とともに体温が下がってきます。
寝る頃には丁度良い体温になっていることでしょう。

ここで大切なのは、しっかりと湯船に浸かるということ、寝る直前にはお風呂に入らないということです!

入浴直後は体温が上がっているので、逆に寝付けなくなります。

仕事などでどうしても寝る直前になる場合、シャワーだけにするか、翌朝に入るなど工夫しましょう!

■寝室を聖域に!
寝室は寝るためだけの部屋にしましょう!

なぜなら、人間は習慣の生き物であり、ある環境に身を置いたときの行動を習慣にすれば、その環境に行くだけで自動的にその行動を取るようになります。

洗面所に行ったら歯を磨く、キッチンに行ったらまずコーヒーを入れるなど、
同じことを繰り返すと脳のとある部分が成長し、サクッと同じ行動をとれるようになります。

寝室でスマホをいじる、仕事をするのはやめましょう!
なぜなら、いざ寝ようと思って寝室に行ったのに、脳が誤解をして、
スマホをいじるのだろ?仕事をするのだろ?と言ったような、
上記のような行動をするための電気信号を送ってしまうことにつながります!
これでは眠れるはずもありません!

寝室を寝るためだけの聖域にしましょう!

【最後に】
いかがでしたでしょうか?

人生のうち、3分の1に匹敵する時間を、私たちは睡眠に費やすことになります。

その時間を活かすも良し、今はその時じゃないと思うことも良し、まずは睡眠と向き合う、そのきっかけになれば、これ以上の喜びはありません。

まずは睡眠に対する適切な知識を持つこと、それこそが一番重要なのだと思います。

それでは最後に、とある睡眠本の著者の主張を引用して終わります。
「睡眠は人生の隠し味だ。」