ワクワクできるポータルポイントサイト!!

logo

マインドフルネスでセルフケアをしよう

2020-06-26 05:53:17

最近なんだかやる気が出ないと感じたり、憂鬱になることがありませんか?自分でも気づかぬうちに身体やこころが疲れてしまっているかもしれません。今回は、ストレスケアの方法としてマインドフルネス瞑想についてご紹介したいと思います。

♦マインドフルネスって何?

マインドフルネスとは、“今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること”と定義付けされています。

私たちは、今この瞬間を生きているようで、過去の失敗や辛い思い出、未来の不安といったネガティブな考えに支配され、自分自身で不安を増幅させてしまいます。こうした状態を抜け出し、                       

『今、この瞬間に目を向け、あるがままに受け入れること』

をマインドフルネスといいます。

マインドフルネスでは、一般的に瞑想を用います。瞑想といってもスピリチュアルなものではなく、科学的根拠に基づいており、現在では精神医療の分野で広く取り扱われています。今ではマインドフルネスに関連する様々な書籍が出版されたり、メディアで特集を組まれたりしているので、世間一般でも認知度があがってきているようです。

先に述べたように私たちの心は常々、頭に浮かんだ考えや雑念に囚われてしまいます。例えば、眠る前にベッドの中で、昔の失敗を思い出して不安になったり、作業中に考えが浮かんで集中できない、なんてことがありますよね?

マインドフルネス瞑想を取り入れることで、『今、この瞬間』に目を向け、普段あれこれと頭に浮かんでいる雑念が減っていきます。そうやって、自分の心と身体がどのような状態にあるかということに気づき、ストレスを軽減したり、不安を緩和して心が穏やかな状態にしていきます。

ストレス・不安の軽減といった効果以外にも、

集中力が高まる

生産性が向上する

免疫力が向上する

良質な睡眠がとれる

などといった効果が確認されており、GoogleやApple、Yahoo、ゴールドマンサックスなど名のある企業がマインドフルネスを取り入れています。

♦実際にやってみよう!

  1. あぐらをかいて座ってください(難しい方はイスに)
  2. リラックスして、背筋は伸ばします
  3. 呼吸に意識を向けましょう
  4. 頭に何か考えが浮かんで来たら、それに気づいて、その考えに注意を向けないようにします
  5. 再び呼吸に意識を集中させましょう
  6. 繰り返します

――まとめ――

「瞑想?何も考えないようにするって難しい!」と思う方もいるかもしれません。頭の中を空っぽにするというより、“呼吸に意識をむける、考えが浮かんできたらそれに気づくだけ気づいてまた戻す”ということを意識して実践してみて下さい。 1日に5~10分程度でかまいません。続けていくと、次第に何も考えない時間が増えていき、非常にリラックスした時間となるでしょう。

ライター:なつめ