ワクワクできるポータルポイントサイト!!

logo

30数年ぶりのガンプラもニュータイプ化(!?)してたっ!

2020-12-16 06:21:39

コロナ禍の自粛も一役かったのですが、30数年ぶりにガンプラ作りました!
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA限定の『RX-78F00』!


 ガンダムに出会ったのは中学校1年生の時、手先も器用な方でプラモデル作りが好きだったボクは、当時のガンプラにも当然のようにはまりました。
当時のガンプラは色分けもされておらず、パーティングライン(合わせ目)も表面で目立ってしまっていました。

作るときは合わせ目消しの為パテを盛り乾燥後余分なパテを耐水ペーパー(紙ヤスリ)で均し→塗装といった工程が当たり前でしたねぇ。
パテの乾燥時間や塗料の乾燥時間をとる必要があり、組み上げるのに3日はかかっていました。

それが約30数年前のガンプラ作り。

今回購入したのはガンダムファクトリーの限定モデル!
本当は横浜の現地でしか手に入らないのですが、 プレミアバンダイのサイトよりネットで事前に申し込み、購入できました。
送料込みで4000円程度だったと思います。価格面でも以前のガンプラとは数倍の差!

当時は中学生のボクがお小遣いで買える程度の1000円しないくらいが相場でした。(60/1だったか大きいのが3000円であったのを覚えています)
今回のは色分けもされており接着剤も不要!
ランナーからのパーツの切り取りにはボクはニッパーを使いましたが、手でもキレイに外れるようになってるらしいですね。
説明書通りに組み上げていくわけですが、今回のガンダムは144/1サイズでパーツがメッチャ小さいものも数知れず・・・。
顔などは小指の先ほどしかなく目の部分はシールを使うので(色分けが難しいトコはシールで対応でした)定位置に貼るのに苦労しました(泣)

気になる合わせ目のほとんどはモール(スジ彫り)と同一化しており、その補修も不要でした。
・・・が後頭部と脇腹あたりの合わせ目が気になりランナーパテにて補修しましたが
あとビームライフルの合わせ目も補修必須ですね。
完成後の可動域も広くほぼ思い通りのポージングが可能なのも現行のガンプラっぽいトコでした!

 総評としては95/100点かな?
マイナス要因としては・・・・高い!
クオリティの高さで見れば相応だとは思いますが、 小中学生が気軽に買える値段設定だったなら、もっと若年層のモデラーが増える気がします。
ボクら中高年がターゲットとなってるのかな?今のガンプラは(いわゆるファースト世代ってヤツですね)
ボケ防止の為にもホビーショップに通う事にします。

 またこのキットは「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で実物大ガンダムが鎮座する、ガンダムドックも忠実に再現されておりガンダムファクトリーでの稼働する巨大なガンダムを想像させられます。
是非コロナ終息後にはGUNDAM FACTORY YOKOHAMAを訪れたいと思います。

ライター:たけりっちアルファ