ワクワクできるポータルポイントサイト!!

logo

不動産投資の成功率は?成功するためのポイントについて知ろう!

2019-11-25 01:21:04

誰しも不動産投資を始める以上は成功させたい思うだろうが、実際の不動産投資の成功率は一体どれくらいなのかは気になるだろう。

TVや雑誌などでは華やかな不動産投資家の絵面が描かれているが、現実的には誰しもがそうとは限らない。

しかし、それでも不動産投資に成功している人は一定数いる訳で、この記事を読んでくれる読者もぜひ成功して欲しいと思っている。

もちろん、不動産投資のやり方や成功の定義は人によって異なるが、最低限注意しておかなければならないポイントもある為、その点も含めて紹介しよう。

不動産投資の成功とは

不動産投資はある程度まとまった資金が必要になるし、そうした大きなお金を元手にして始める為、成功したいというのは自然なことだ。

では、不動産投資を行って成功するというのはどういったことなのか?

不動産投資の成功とは、人によって定義は異なる。

例えば、不動産が安い時に購入し数年後高く売って売却したいという人もいれば、所有している物件がいくつかあり、できるだけ人に入居してもらって、空き部屋がない状態で安定的に賃貸収入を得たいという人もいる。

また、メインで仕事をしている人がサイドビジネスとして不動産投資を始めて、勤め先からの給与と副収入の両方を得るという人もいる。

つまり、不動産投資で成功すると言っても、成功の形は人それぞれで、それぞれのニーズに応じて異なってくるということだ。

目的が異なれば成功の定義も異なる為、まずは自身にとっての不動産投資を行う目的は何か?ということはっきりさせ、その上でそれに応じた成功とは何で、どのような状態になっていると成功と言えるのか?ということを具体的にしていく必要がある。

不動産投資の成功率とは?

不動産投資の成功率とは、「不動産投資の成功を継続的に十分な利益を出すことができることである」という定義を用いると、継続的な利益が出ない物件だと不動産投資が失敗ということになる。

逆に、収入を増やすことが成功と考えると、その成功率は一体いくらなのか?

この点については、満室率(空室率)と不動産投資の成功率の関係性における実際のデータに基づくシミュレーションが存在していない為、はっきりとした数字が提示されているというわけではない。

しかし、一般的には、不動産投資の成功率は10%以下ということがあり、数値だけ見ると10あれば成功は1はない状態と言える。

この不動産投資の成功率を他の投資方法と比較してみよう。

株式投資の場合、投資家の成功率はおおむね10%ともいわれ、投資して資金が減ってしまう人が80%と言われている。

さらに、長期的に利益を上げている人はもっと少なく、90%以上の人が損をしていると言われている。

FX投資では、1年間で収支がプラスになる投資家は20%くらいだが、これが5年連続プラスとなる投資家は約1%

これらの投資はさらに投資金が0円となるリスクもある。

そう考えると、不動産投資は物件自体の価値がなくなって、投資金が0円になってしまうということがない。

入居者がいると毎月家賃収入が得られるため、継続した安定収入を得ることが可能という特徴があるからだ。

つまり、不動産投資は他の投資方法よりもギャンブル的な要素が少なく長期資産形成に向いているといえる。

そのため、株式投資やFXと比較すると収入を上げるという点では成功率が高いとも言えるだろう。

不動産投資で成功させるには

不動産投資の成功は10%ほどと言われているが、ではどうすれば不動産投資を成功させることができるのだろうか。

この点について、まずは物件選びということが気を付けるべきポイントとして挙げられる。

物件選び

物件を安く購入して高く売るにしても、賃貸物件を貸し出して入居してもらうことで家賃収入を得るにしても、物件選びはとても重要になる。

価値が高い物件というのは人が住みたいところにあるということも大切な視点になるだろう。

つまり、「立地」ということにもなるが、この立地が良くなければ住みたいとはなかなか思いにくいものだ。

ではどのような立地が良いのかというと、生活に便利で住みやすいところが挙げられる。

例えば、駅から近い場合は通勤や通学、生活に必要な食品や日用品のショッピングに便利な立地の方が住みたいという人は多い。

そうなると駅近な街中にある物件の方が、何もない土地にある物件よりも入居ニーズは高いだろう。

そのため、こうした利便性の高い場所にある物件を検討するということが不動産投資を成功させるための注意点の一つになる。

物件はネットで調べたり、担当者から話を聞いたりするだけでは十分ではない。

物件には足を運んで、実際にそこに住む人の目にどの様のものが映るのかや何が聞こえるのか、家から出た時にどの様な景色が目に移るのかなど、住みたい物件を選んでいる人の気持ちに立って、実際の物件周りをよく歩いて、周辺環境を実際に自身の目で見ていく必要がある。

地元の人に話を聞くと、物件に住んだ人がどのような近所の人々と近いのかなどもわかりやすいといえる。

そのエリアの雰囲気などを確認すると具体的なイメージを持ちやすい為、物件を選ぶ際には自ら足を運ぼう。

不動産投資はローンのことも考えて選ぶ

また、成功させる不動産投資はローンを組む際の投資計画の十分な検討も必要だ。

不動産物件はまとまった額の資金が必要になる投資である。

住宅を購入するにしても、マンションの一室を購入するにしても、住宅を建設するにしても、最初にまとまった金額の資金が必要になる。

しかし、全額を現金で用意できるという人は少なく、ほとんどの人がローンを利用して投資を行う。

そのため、不動産投資には不動産投資用のローンが前提とも言える。

不動産投資のための借り入れを行う際には、念入りに投資計画を検討することが必要というわけだ。

しかし、投資用のローンは住宅ローンとは異なり審査は厳しめだ。

ローンを受けることができた場合も、建物や部屋などへの入居率が低ければ、借り入れたローンの返済が困難になってしまう。

返済が家賃収入を上回ってしまうと、マイナスの状態になり、貯蓄を切り崩しながら維持していくことになっていく。

したがって、不動産投資ローンの借り入れを行う場合は投資計画について事前にしっかりと十分な検討を行うことが注意点として挙げられる。

できるだけ人々が住みたいと思うような立地や設備面などの揃った物件をいくつかピックアップし、比較するなどして慎重に考えた上でローンを活用しよう。

不動産投資は会社選びも重要

全体としての不動産投資の成功率というものは発表されていないが、不動談投資をサポートする会社では、過去の不動産投資実績などを公開しているところもあり、そうした会社には入居率が99%といった実績を持つ会社などもある。

不動産投資は会社毎に入居率は大きく違っている為、そうしたパートナーのような会社に実績がある会社を選ぶということも成功率という点で重要であり、会社選びは重要なポイントだ。

会社が出しているレポートなどをよく確認して、入居率を高めたり、良好な管理状態を維持している会社を選ぶようにしよう。

管理会社選びは実績ももちろん大切だが、相性も大切だ。

どんなに良いサービスが行われていたとしても、相性があまりよくなければなかなかそうしたメリットを享受することができにくい為、この両面から確認していくようにしよう。

実績を確認する時は、その管理会社の管理物件の入居率をチェックして、物件に足を運んで管理状態をチェックしよう。

また、管理会社のサービス内容と管理委託料とのバランスを見ながら考えてみよう。

不動産投資は一度選ぶと長期的な投資となる。

管理会社が長期的に良いサービスを提供してくれるということを判断する必要があるので、会社選びは注意すべきポイントだ。

どんなに実績が良い会社でも、担当者とコミュニケーションがとりにくかったり、会社が適切な管理をしているということをなかなか伝えてくれないという場合には、だんだんと不安になってしまう。

したがって、できるだけ、会社のスタッフが話しやすく相談しやすいところを選ぶことが安心感にもつながる。

問題が起こった時も、会社とやり取りをしながら問題解決を行っていく必要があるため、相性が合う会社を選ぶということも管理会社選びなどではとても重要なポイントと言えるだろう。

まとめ

不動産投資を始める以上は成功させたいと誰もが思うことだが、不動産投資をスタートする時にどれくらい成功しているのかということは気になるだろう。

不動産投資の成功率は10%ともいわれているが、成功するためには継続的に収入が得られるということが必要だ。

不動産投資で成功するためには、利便性が高い物件を選んだり、ローンの計画性、そして、実績があって自身と相性の良い会社を選ぶということなどが注意点としてあげられる。

もちろん、今回紹介した注意点以外にも、見ておかなければならないポイントはいくつもある為、それらを吟味した上で慎重に不動産選びを行っていこう。