ワクワクできるポータルポイントサイト!!

logo

FXとバイナリーオプションは全く違う!?投資に向いてるのは?

Wed, 06 Nov 2019 08:58:15 +0000

FXやバイナリーオプションは、為替相場を使って簡単に自己資産を投資できる方法である。

しかし、同じ為替相場を使っているが、その投資方法は全く違い、もちろんメリットやデメリットなどもある。

最近ではTwitterなどのSNSで、バイナリーオプションで1日の数万円稼いでいるなどのツイートを見るがそう甘くはないのが現状だ。

もちろんFXも同じで、しっかりとした知識や判断力などがないと、稼ぐことはできない。

そこで今回は、FXとバイナリーオプションの大きな違いなどを紹介していくので、投資の際の参考にしてほしい。

FXやバイナリーオプションとは?

FXやバイナリーオプションという言葉を聞いたことはあるが、具体的にどのようなものかを知っているだろうか?

どちらも為替相場を利用した投資方法なのだが、さまざまな違いがある。

では、この2つがどのような投資方法なのか、メリットやデメリットとともに簡単にみていく。

FXのメリットやデメリット

FXのメリット1 :取引時間に縛られない

FXは月曜日から金曜日の間であれば、基本的にいつでも取引をすることができる。

しかも、24時間市場が開いているので、生活スタイルが違う人でも必ず投資するチャンスがあるのだ。

そのため、会社で働いている人などにも最適で、副業としても人気が高い。

FXのメリット2  : ポジションの保有期間は無制限

一度注文を入れると、自分が決済したいと思う時までポジションを持っていることができる。

例えば、ドル円を買ったが、今は含み損が出ているため手放したら損をしてしまう場合は、利益が出るまで持ち続けることが可能だ。

つまり、保有期限というものがないため、自分の意思で利益確定や損切りなどを決めることができるのである。

FXのメリット3  : スワップポイントがある

FXにはスワップポイントと呼ばれるものがあり、プラスのスワップポイントが発生する通貨ペアを持ち続けていれば、その日にちに応じて利益が出るという仕組みだ。

例えば、トルコ円の場合は、スワップポイントが多いところであれば1日80円程度(1万通貨あたり)受け取れるので、為替差益に関係なく1ヶ月で2,400円ももらえるのである。

当然、通貨ペアの購入量を増やせばそれに比例してスワップポイントも増えるし、同時に為替差益も狙うことが可能だ。

FXのデメリット1  : 追証を求められることがある

FXは通貨を購入する際に、証拠金というものが必要だが、通貨ペアを買うための証拠金が不足した場合、追加で口座にお金を入金しなければならない。

万が一、不足した証拠金分を入金しなければ、持っている全てのポジションが全決済されてしまう。

FXのデメリット2  : 大きな相場変動に巻き込まれやすい

これは長期的にポジションを持つ人だけでなく、タイミングが悪ければデイトレードやスキャルピングでも巻き込まれる可能性がある。

大きな値動きはいつどこで訪れるかという予想が難しく、突然やってくるのだ。

そのため、大きな利益を出せる可能性もあるが、大損をしてしまう可能性も十分考慮しなければならない。

バイナリーオプションのメリットやデメリット

バイナリーオプションのメリット1  : FXよりも少ない資金で始めることができる

バイナリーオプションは少額投資が可能な投資方法の1つで、FXよりも少ない資金で始めることが可能である。

例えば、FXの場合は5〜10万円程度の資金が必要だが、バイナリーオプションの場合は1万円程度から始めることが可能だ。

そのため、あまりお金をかけずに投資をしたい場合は、バイナリーオプションから始めてみるのも良いかもしれない。

バイナリーオプションのメリット2  : 追証がない

FXは、証拠金維持率が100%を下回ってしまった場合は追証が求められるが、バイナリーオプションにはそれがない。

なぜかというと、バイナリーオプションは投資した金額よりも損をすることがないからである。

例えば、5,000円分のドル円を購入したとすると、どんなに損失が出ても5,000円以上の資産が減ることはない。

そのため、大きな相場変動に巻き込まれたとしても、何の問題もないのだ。

バイナリーオプションのメリット3  : ハイリターンが望める

バイナリーオプションはFXと違って、利益は1か0かというように非常にシンプルである。

勝てば買った分のペイアウトがもらえて、負ければ投資金は0になる。

簡単に言うと、競馬などのギャンブルに近いかもしれない。

資金損失のリスクはFXよりも高いが、その分短時間で多くのリターンが得られる仕組みだ。

バイナリーオプションのデメリット1  : 時間制限がある

バイナリーオプションはFXと違って、自分が保有しているポジションに制限時間がある。

そもそもオプション取引というのは、ある期限の通貨ペアの値段を予想するというもので、満期になれば、保有しているポジションは無効になってしまう。

時間制限があるということは、いくらチャートを読み切っていたとしても、その時間内までに自分が思い描いた値段まで動かないことがあるということだ。

今後円安に動くと予想していても、短期的な円高などが発生してしまったり想定外の出来事で円安に傾かなかったりするなどして、満期時間を迎えることも少なくない。

バイナリーオプションのデメリット2  : 運要素が強い

先ほども言ったが、時間制限が限られていて思った値段まで待つことができない場合があるなど、比較的運要素が強くなっている。

そのため、安定的な投資がしたい人には向いていないで注意が必要だ。

バイナリーオプションのデメリット3  : テストを受けなければならない

バイナリーオプションをするためには、あらかじめ業者からテストをするように求められる。

つまり、バイナリーオプションの知識がある程度ないと、投資を始めることができないのである。

しかし、テストの問題がわからない場合であっても、ヒントなどが掲載されていて、それを読むことによってテストの問題に応えることが可能だが、開始するまでに若干時間がかかってしまう。

FXとバイナリーオプションを同時にできる業者がある

国内にはFX業者はたくさんあるが、バイナリーオプションができる業者は限られている。

しかし、中にはどちらの投資方法も試してみたいという人がいると思うので、どちらも可能な業者をいくつか紹介する。

  • YJFX
  • みんなのFX
  • 外為どっとコム

この3社以外にも、ヒロセ通商やゴールデンウェイ・ジャパンなどもある。

国内全てのバイナリーオプション取扱業者は、FXの口座との振替機能もあるため、FX口座を申し込んでしまえば、同時にそのIDとパスワードでバイナリーオプションの方にもアクセスできてしまうのである。

しかも、口座同士の振替もとても簡単で、ウェブサイト上やアプリケーション内で操作が完了し、即時反映されるため大変便利だ。

特におすすめなのはYJFX

国内でFXとバイナリーオプションを同時にしたいのであれば、YJFXである。

その理由はいくつかあって、まず1つ目はFX・バイナリーオプション共に取り扱っている通貨ペアが多いということだ。

特にバイナリーオプションの取り扱い通貨ペアはダントツで、ドル円やユーロ円をはじめ8つの通貨ペアを用意している。

通貨ペアの数が多ければ、それだけ多くのチャンスに巡り会えるということなので、YJFXを選んでおくと良いだろう。

また、ツールがしっかりとしていて多機能なため、トレードがしやすいという点だ。

ツールがしっかりとしているということは、トレンドを把握しやすく的確なエントリーポイントを導きやすいということにもつながってくる。

特にバイナリーオプションは短期間での勝負になるため、トレンドを読みやすいツールの方が安心だ。

海外業者は選択肢に入るのか?

FXやバイナリーオプションには海外の業者があり、SNSなどではよくおすすめされているのを目にする。

特にバイナリーオプションの場合は、国内でできるところが少ないため海外業者を検討する人も多いだろう。

しかし、あまりおすすめはできない。

もちろん、評判の良いところもあるが、そうでない業者も数多く存在しさまざまなリスクがあるからだ。

そのため、どうせ投資をするのであれば、国内業者にしておく方が良いだろう。

海外業者をおすすめできない理由

海外業者をお勧めできない理由は以下の通りである。

  • 日本語サポートがない場合がある
  • 出金トラブル
  • 出金反映時間が長い
  • 業者が突然なくなる可能性

国内業者では考えられないことであるが、海外の場合はこのようなリスクを考慮しておいたほうが良い。

特に、出金トラブルが起きると厄介で、利益を上げても自分の手元にお金が振り込まれないのだ。

せっかく頑張って利益を上げても、このようなリスクがあっては安心して利用することはできない。

中でも、ライセンスを取得していない海外業者でこのトラブルが起きるケースが多く、海外業者を使うのであればまず真っ先にライセンスを取得しているかどうかを確認しておくべきである。

また、ウェブなどでは海外業社の口コミサイトなどで事前に確認をしたり、実際に利用している人にどのような感じか聞くのも良い。

どうしても海外業者を利用したいという人は、とにかくメリットよりもデメリットの方をしっかりと把握しておくことが重要だ。

まとめ

いかがだっただろうか。

FXとバイナリーオプションのメリットやデメリットを見てきたが、個人的にはFXがおすすめである。

比較的資金管理がしやすく、国内FX業者は多いので選択肢の幅が広いためだ。

決してバイナリーオプションも投資に向いていないというわけではないが、運要素が強いなどのデメリットがある。

しかし、「FXのように数万円の資金がなくても投資をしたい」という場合は、バイナリーオプションでの投資も良いが、デメリットなどをしっかりと把握しておく必要性があるのも確かだ。